USHINABE SQUARE

クラシック名盤・名曲と消費 生活 趣味

ギレリスの「テンペスト」「ワルトシュタイン」「告別」


ギレリスのベートーヴェンピアノソナタ選集の中から、最近、廉価で発売されたCD(廉価での再販は嬉しい)。


以前に、「悲愴」、「月光」、「熱情」の3大ピアノソナタのことを書いたが(→その記事はこちら)、このCDに収録されている「テンペスト」、「ワルトシュタイン」、「告別」の3曲も相当なものだ。

この3曲に入れ替わっても3大ピアノソナタを名乗れるのではないか。クリーンアップが変わってもよく打つどこかのチームみたいだ。フォワードが変わってもよく点を取るどこかのチームみたいだ。センターが変わってもリバウンドを取れるどこかの…。


第17番ニ短調テンペスト」の、こちらの身が引き締まるような冷厳な姿。

第21番ハ長調「ワルトシュタイン」の目まぐるしさ。華麗さ。

第26番変ホ長調「告別」。嵐の出来事。疾風。疾走。出会い、別れ、再会。


例えようがない。


ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番&第21番&第26番

ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番&第21番&第26番

(↑amazonでお買い物が出来ます)


ギレリスのベートーヴェンは非常に歯切れが良い。つまらない感傷は無縁だ。卓越したテクニックと強いタッチ。乾燥した音質。曲の凄みを見せてくれる。


全然関係ないが、私はこのジャケットの絵が大好きだ。

ドイツの画家・フリードリヒの風景(!?)画、「氷の海」で、ハンブルク市立美術館に収蔵されている。

ハンブルクに行く予定はいまのところないが、いつか実物を見たいと思っている絵のひとつだ。


(↓面白かったらブログランキングに応援よろしくお願いします。)
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
人気blogランキングへ