USHINABE SQUARE

クラシック名盤・名曲と消費 生活 趣味

ブログのデザイン変えました。


ブログのデザインを変えようと、スタイルシートをいじっているうちに、以前のものを消してしまった(あ"〜)。この際、いい機会なので、デザインを全部変えた。


しばらくの間、デザインが微妙に変わるかもしれません。


◇  ◇  ◇


MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)の『たそがれのヴェニス』(原題:No Sun in Venice)を聴いている。MJQの数あるアルバムの中で私が最も好む一枚だ。


No Sun in Venice

No Sun in Venice

たそがれのヴェニス(紙ジャケット仕様)

たそがれのヴェニス(紙ジャケット仕様)


ミルト・ジャクソンビブラフォン(鉄琴の一種)はアーシーで、ジョン・ルイスのピアノはクラシカル。このグループは相当確執もあったようだが、音楽的な完成度は非常に高い。


絶妙の間合い、極上のリズム。胸に響く音色。静かで端正な音楽。


れっきとしたジャズだが、クラシック音楽室内楽を思わせる上品さだ。クリーニングから帰ってきた襟付きのシャツのような爽やかさだ。


ヴェニス」は名曲。この曲を聴くと、キャサリン・ヘップバーン主演、往年の名画『旅情』を思い出す。「旅情」よりは原題の「サマータイム」がしっくりくる。


(↓面白かったらブログランキングに応援よろしくお願いします。)
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
人気blogランキングへ