USHINABE SQUARE

クラシック名盤・名曲と消費 生活 趣味

大フィル2009/2010定期演奏会プログラム


大フィル(大阪フィルハーモニー交響楽団)の来シーズンの定期演奏会の詳細が決まり、HPにもアップされた。


来シーズンのプログラムも、古典派から現代作品までバラエティに富んだ内容で、様々な国と地域の作品が取り上げられていて、昨シーズンの流れを汲んだものとなっている。ソリストもあっと驚くものではないが、俊英と実力派を揃えてきて、なかなか楽しみなプログラムだと思う。


問題は、再来年の1〜3月のようなそんな先のことまで予定できるかどうかということで、たとえば今シーズンも昨シーズンに続いて定期会員になったのだが、何回かは急に用事が入って行くことができなかった苦い経験がある。


そこで、来期は一回一回チケットを購入するか、また何回かは行けないことを覚悟で定期会員になるか、迷っている。人気ソリスト出演の時や、大植さんが振る時は、結構速く売り切れてしまうので、定期会員になったほうが安心だが、どうしようか、席のランクを落とすか、などなど手帳とにらめっこをしながら色々と思案しているところだ。


◇  ◇  ◇



大阪フィルハーモニー交響楽団 2009年度定期演奏会
■会場:ザ.シンフォニーホール

第427回定期演奏会
2009年4月16日(木)・4月17日(金)19:00開演(18:00開場)


指揮:大植英次
曲目:
ブラームス交響曲 第3番 ヘ長調 作品90
バーンスタイン組曲「キャンディード」
ストラヴィンスキー/バレエ組曲火の鳥」(1919年版)


来シーズンも音楽監督の指揮で幕を開ける。師匠・バーンスタインの作品をどう振るか。最近の演奏会を見ていると、音楽作りから、大植=バーンスタイン路線を強く感じるので、今後の展開のヒントになるはずだ。また、ストラヴィンスキーの『火の鳥』は、ミネソタ管の音楽監督時代の録音が残されていて、これがすごく良いので、大フィルとのコンビではどんな演奏を聴かせてくれるのか、とても楽しみ。パワーだけでなく繊細さが要求される曲なので、力任せな演奏にならないで欲しい。そして、ブラームスの3番では、大植&大フィルのコンビはベートーヴェンブラームスにはいま一つフィットしていないように思えるので、このクセのある3番をどのように料理するか、聴きどころだ。初回の演奏会だが、かなり盛りだくさんで内容も濃くて、お得な演奏会だ。

第428回定期演奏会
2009年5月26日(火)・5月27日(水)19:00開演(18:00開場)


指揮:ジョナス・アルバー
ヴァイオリン:庄司紗矢香
曲目:
コダーイ/ガランタ舞曲
リゲティ/ヴァイオリン協奏曲
ラフマニノフ交響曲 第3番 イ短調 作品44


それほど著名でない外国人指揮者が定期演奏会に登場するのは、今シーズンと同様。来シーズンも何回かある。掘り出し物を見つけたような、今年のような驚きを感じてみたい。また、すっかり大物となった庄司紗矢香さんのヴァイオリンの精度とスピードに大フィルが付いていけるだろうかとか、大フィルとラフマニノフの3番は合いそうだが実際どうかなど、興味深い演奏会である。

第429回定期演奏会
2009年6月28日(日)15:00開演(14:00開場)
2009年6月29日(月)19:00開演(18:00開場)


指揮:秋山和慶
バリトン:福島明也
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団、九響合唱団
曲目:
モーツァルト交響曲 第35番 ニ長調「ハフナー」K.385
ディーリアス/小管弦楽のための二つの小品
ウォルトン/オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」


秋山和慶さんの指揮で、何年か前の定期演奏会の最後のプログラムで、ホルストの「惑星」を聴いた。これがかなり良かったので、同じ英国人作曲家・ウォルトンの「ベルシャザールの饗宴」は楽しみ。実力のあるベテラン指揮者が指揮台に立った時の大フィルはかなり安定感があるので、円熟のタクトでどのように統率するか、たいへん興味深い。

第430回定期演奏会
2009年7月28日(火)・7月29日(水)19:00開演(18:00開場)


指揮:大植英次
ヴァイオリン:クリストフ・バラーティ
オルガン:室住素子
曲目:
パガニーニ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品6
サン=サーンス交響曲 第3番 ハ短調「オルガン付」作品78


サン・サーンスの「オルガン付」。いわゆる名曲コンサートだが、この曲を実演で聴くことができるのが、何より嬉しい。シンフォニーホールのパイプオルガンとオーケストラがどんな響きをみせるか。考えただけでもわくわくする。パガニーニは、超絶技巧の難曲で、クリストフ・バラーティがどんなパフォーマンスを見せるか期待したい。

第431回定期演奏会
2009年9月17日(木)、9月18日(金)19:00開演(18:00開場)


指揮:ヤクブ・フルシャ
トランペット:マティアス・ヘフス
曲目:
スーク/組曲「おとぎ話」作品16
アルチュニアン/トランペット協奏曲 変イ長調
ドヴォルザーク交響曲 第7番 ニ短調 作品70


スークはチェコ、アルチュニアンはアルメニアの作曲家、そしてドヴォルザークチェコと、スラブ系のプログラム。休憩をはさんで、現代作品とロマン派作品が演奏される。大フィルとスラブ系の音楽は結構相性が良いので、なかなか期待できる。さらに、ドヴォルザークの7番は、私は相当好きな曲だ。

第432回定期演奏会
2009年10月29日(木)・10月30日(金)19:00開演(18:00開場)


指揮:大植英次
チェロ:ピーター・ウィスペルウェイ
ソプラノ:クリスティーナ・ランズハーマー
テノール:五郎部俊朗
バリトン:ニコライ・ボルチョフ
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団
曲目:
ハイドン/チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 Hob.VIIb:1
オルフ/世俗カンタータカルミナ・ブラーナ


声楽付きの大規模な宗教曲が定期のプログラムに入るのも恒例で、今シーズンはラドミル・エリシュカが振ったヤナーチェク「グラゴール・ミサ」が凄い演奏だった。しつこく二回書いても良いくらい、凄い演奏だった。そして来シーズン、オルフの『カルミナ・ブラーナ』、しかも音楽監督による演奏会ということで今から楽しみだ。昨シーズンのフォーレのレクイエムではとても期待していたのに大植さんが急病でキャンセルしてしまったので、今回はそういうことにならないように願いたい。ハイドンのチェロ協奏曲は超名曲。

第433回定期演奏会
2009年11月19日(木)・11月20日(金)19:00開演(18:00開場)


指揮:クリストフ・アーバンスキ
ピアノ:ペーテル・ヤブロンスキ
曲目:
キラル/オラワ
ショパン/ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 作品21
ショスタコーヴィチ交響曲 第10番 ホ短調 作品93


ショスタコーヴィチも毎年のように定期演奏会で取り上げられている。今期はドミトリー・リスが振った8番で、これが凄まじい演奏だった(凄まじい燃焼で、指揮者は満場の拍手のなかカーテンコールに応えられないほど消耗していた)。10番もなかなか一筋縄ではいかない曲だが、きっと素晴らしい演奏を見せてくれるはずだ。

第434回定期演奏会
2010年1月21日(木)・1月22日(金)19:00開演(18:00開場)


指 揮:尾高忠明
メゾ・ソプラノ:重松みか
曲目:
エルガー/海の絵 作品37
エルガー交響曲 第2番 変ホ長調 作品63


エルガー交響曲は昨シーズンの定期で、ペイン完成稿による3番があったが、その時から私はなぜ1番や2番をやってくれないのかと思っていた。だから、今回の2番は楽しみ。尾高忠明さんの指揮というのが嬉しい。

第435回定期演奏会
2010年2月17日(水)・2月18日(木)19:00開演(18:00開場)


指揮:大植英次
ピアノ:フランチェスコ・ピーモンテジ
曲目:
シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
R.シュトラウスアルプス交響曲 作品64


2月の演奏会は名曲コンサートという感じだ。大フィルのR.シュトラウスの実演は何年か前の『英雄の生涯』が記憶に新しいが(この演奏会の演奏はCDにもなっている)、アルプス交響曲ではどうか。個々のテクニックも問われるので、あれからどのくらい進歩したのか聴いてみたい。シューマンのピアノ協奏曲は、ピアノの名人芸を聴かせる曲ではなくて、オーケストラ部分にも聴きどころが満載なので、団員やソロがある奏者は大変だろうが、頑張ってほしい。

第436回定期演奏会
2010年3月18日(木)・3月19日(金)19:00開演(18:00開場)


指揮:下野竜也
ヴァイオリン:ルノー・カプソン
曲目:
ベートーヴェン/劇音楽「アテネの廃墟」序曲
モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調「トルコ風」K.219
ブルックナー交響曲 第1番 ハ短調 (ウィーン稿)


まず、下野竜也さんが振るブルックナーは楽しみ。でも、もっと言えば6番とかをやってほしかった。とはいえ、定期演奏会の最後を飾るのにふさわしいドイツ・プログラムだと思う。

                                                                                                                                                              • -

■発売日
新規定期会員募集開始:2009年1月27日(火)
前期1回券会員優先発売:2009年2月6日(金)
前期1回券一般発売:2009年2月13日(金)
※D席は一般発売日から販売いたします。

■料金
・年間連続券(4月〜翌年3月まで10公演分)
   S席58,000円 A席45,000円 B席37,000円 C席30,000円
・前期連続券(4月〜9月まで5公演分)
   S席30,000円 A席24,000円 B席20,000円 C席16,000円
   ※D席は1回券のみのお取扱い。
・1回券
   S席7,000円(6,000円) A席6,000円(4,800円) B席5,000円(4,000円) 
   C席4,000円(3,200円) D席1,500円(割引無し)

                                                                                                                                                              • -


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へにほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ